家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

AMX32



OF-40(左)とAMX32(右)


AMX32(フランス)

 上の写真は共にイタリア・フランスの輸出用戦車です。既に御紹介したヴィッカ ーズ・ヴァリアントとほぼ同世代であり、事実上のライヴァルでした。
レオパルトT(ドイツ)のライセンス生産を通じて培った技術により、レオパルトT 参考に砲塔のみならず車体にもスペースド・アーマーを施したものがOTOメララ 社のOF-40です。(写真左)
フランス陸軍主力AMX30はFCSの換装によりAMX30B2となりましたが、同様の 装備を持ったスペースド・アーマー製戦車がGIAT公社のAMX32です。(写真右)
共に既に実績のある戦車を、装甲にスペースド・アーマーを採用する事により付 加価値を持たせたのが両戦車と言えます。
にも関わらず両者とも販売実績は惨憺たる物で、OF-40がFCS改良型のMK.2 と合わせて36輌アブダビに売れたのみ、AMX32に到っては1輌も売れずに終わ っています。
なぜこのような事になってしまったのでしょうか? 既に複合装甲を持った第三世 代戦車が登場していたためにスペースド・アーマーではセールス・アピールに欠 けた事。そしてなによりも、開発国自体が採用していない戦車は、買う側にとって イメージ・実績共に信頼が置けないと言う事が大きかったのです。

ただ、ここで質問です。曲りなりにも売れたOF-40と、一輌も売れず水子の殿堂 入りしてしまったAMX32。この差はいったいどこからくるのでしょうか? 答えは 原型となった戦車に対する信頼性。そうレオパルトTはベストセラー戦車でした が、それに引き換えAMX30は・・・つまりはそう言う事ですね。(泣)




AMX50

トップへ
トップへ
戻る
戻る

AMX-30 ステルス