FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

マーティン・ベイカーM.B.5 (イギリス)






マーティン・ベイカーM.B.5 (イギリス)

 マーティン・ベイカーM.B.5は第二次大戦における英国最良の戦闘機と言われます。
大戦末期に完成した本機はラジエーターのレイアウトがアメリカのP-51ムスタングと同じ ためパッチもん扱いされそうですが、機体構造等は全く似ていません。マーティンベイカー の主張通り彼らの試作したM.B.3の正統発展型と言える物です。M.B.5は取り外しやすい 外板により内部にアクセスし易く、マーティンベイカー社もメンテナンスの優位性を誇らしげ に語ります。ですがそれはこの時期において既に過去の遺物となった鋼管構造によるもの です。この時代の航空機の主流は金属モノコックで、それ以前が鋼管羽布張りです。確か に鋼管羽布張りは頑丈で被弾にも強いのですが重量的に不利なため金属モノコックに取 って変わられました。M.B.5は鋼管金属張りという変則的な構造なのです。

スピットファイア初期型〜中期型及びP-51ムスタングB型以降に搭載されたロールスロ イス・マーリンより強力なロールスロイス・グリフォンエンジンで二重反転プロペラをブン回 し、太短い主翼を持った独特のスタイルはどこか恐竜を思わせ、日本人から鰹節などと形 容されたP-51に比べれば異質です。

最大出力
緊急出力
最大速度
(時速/高度)
最大速度
(時速/高度)
初期上昇率
(m/分/高度)
上昇率
(m/分/高度)
上昇率
(m/分/高度)
P-51D 1490
1720
703/7620 1059/1524 835/6096 703/9144
XP-51F 1450
749/8840
1212/5940
XP-51G 1675
2150
796/6950
1793/6096
P-51H 1380
2270
714/1524 745/4572
784/7620
1631
1016/1524
914/4572 732/9144
スピットファイアMk.21 2050 676/3657.6 731/7924.8
762/6096
スパイトフル 2375 658/SL
703/1676.4
777/7924.8 1472/SL 1244/6096
M.B.5 2340 636/SL
684/1828.8
740/6096 1158/SL
1219/2133.6
938/6096 691/10363.2

P-51後期型とスーパー・スピット、そしてグリフォンのために造られたといっても過言では ないスパイトフルと比較してみましょう。マーリン搭載のムスタングは不利ですが、XP- 51GP-51Hは水メタノール噴射技術の向上で緊急出力時2000HPを越えグリフォンに比 肩します。
軽量試作型のXP-51F&Gは武装や燃料タンク容量がかなりはぶかれており実用型とは 言い難いので無視しましょう(笑)
するとP-51Dスーパー・スピットより勝るが、P-51Hスパイトフルには劣るという結果 になります。
つまり自分より古い設計機より勝るが、同時期のメジャー戦闘機メーカー設計機には劣っ ていると言うごくごく当たり前の結論がでてきます。
戦後マーティン・ベイカーが戦闘機の夢を捨て、航空機用射出座席に活路を見出したのは 誠に賢明な判断だったと言えましょう。

02/08/24




M.B.5(左)とP-51D(右) 縮尺はバラバラ(笑)







ミコヤンズ・プロィエクト1.42 (旧ソ連・ロシア)

トップへ
トップへ
戻る
戻る

コモンウェルスCA-15カンガルー (オーストラリア)