FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
恋活

オブイェクト416対戦車自走砲




オブイェクト416対戦車自走砲

オブイェクト416は対戦車自走砲です。
限定的重量に可能な限りの火力と装甲を与える方針のもと
1952年に開発着手されました。
主砲には当時の主力戦車T-54と同じ100mm対戦車砲D-10を採用。
車体高を抑えるために採用された水平対向12気筒エンジンを含む
パワーパックは車体前部に置かれました。
4名の乗員は全て砲塔内に収められ、特にドライバーは砲塔中心に位置し
特殊な機構により砲塔旋回と関係なく常に前方を向いていました。
また砲塔内に搭乗員を収める事により
車体及び砲塔の高さを低くする事に成功したものの
低い天井は装填手の作業を困難なものとしました。
試作まで行われた本車も、砲塔などの斬新な機構がかえって
作動や信頼性の低下をもたらし開発中止となりました。



新機構により砲塔はT-54のそれより巨大化した



車体を大きく逸脱しフェンダー上一杯に拡がった砲塔


型式 オブイェクト416
対戦車自走砲
乗員数 4
重量 30.9t(24?)
全長 9250mm(7940?)
全幅 3240mm
全高 2225mm
砲塔上面高 1823mm
地上高 400mm


前面 110mm
側面 45mm
後部 45mm
上面 20mm

前面 75mm
側面 45mm
後部 45mm
上面 20mm
底面 20mm
主武装 100mm
D-10
×1
弾薬数 35発
副武装 7.62mm
機関銃×1
エンジン 12気筒
水平対向
400hp
最高速度 45km/h(50?)





T-44新型戦車

トップへ
戻る