FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

スコダT-25中戦車(チェコスロヴァキア)




スコダT-25中戦車(チェコスロヴァキア)

チェコスロヴァキアのスコダ社は1941年に
独逸に対しT-25中戦車プロトタイプを提示しました。

450hpの新型エンジンは22hp/tもの出力重量比で、
本車に良好な機動力を与えていました。
また幅広な履帯は接地圧を0.68kg/cm~2に抑えていました。
このように流麗な避弾経始のみならず
機動性の面でも本車は
ソ連のT-34中戦車の影響を大きく受けていました。

半自動鎖栓、ドラム式自動装填装置付きの7.5cm A18 KwK 戦車砲を装備。
砲塔内換気用ベンチレーターも装備。砲塔駆動は油圧式。
しかしながらこの先進的な設計も
Wa.Pruf-6(陸軍兵器試験部)の興味をひく事は無く、
本車はモックアップ段階にさえ進みませんでした。



le.F.H.43(sFL)スコダ 武器運搬車


この後、独逸では105mm leFH 18/1 L/28軽榴弾砲を装備する
ヴァッフェン・トレーガー(武器運搬車)の開発が計画されます。
これはこの105mm榴弾砲を全周旋回砲塔に搭載し、
なおかつこの砲塔を自力で地上に降ろし
牽引式野戦砲やトーチカとして利用可能とする
大変欲張った汎用性を持つ自走砲でした。

同計画にはIII/IV号車体を利用した
クルップ社のホイシュレッケ10
アルケット/ラインメタルボルジッヒの
10.5cm leFH 18/40/2 auf ゲシュッツワーゲン III/IV (Sf)
ダイムラーベンツのVK1602 レオパルト偵察戦車ベース案
などが競作に参加しました。
スコダ社もT-25をベースに1943年1月設計を始め
モックアップも造られました。
が、結果は不採用。
アルケット社案が正式採用を勝ち取ります。
しかしながら戦局の悪化により同社案も試作1両のみで
量産されずに姿を消したのでした。


型式 T-25 le.F.H.43(sFL)
スコダ
設計年 1941 1943
重量
24.2t
全長 6.04m
全幅 2.75m
全高
地上高
履帯幅 640mm
装甲
16〜30mm
主武装 75mm A18 KwK
戦車砲×1
105mm leFH 18/1 L/28
軽野戦榴弾砲×1
エンジン 8気筒
450hp
8気筒
450hp
最高速度 60km/h
登坂力 40度
超壕幅 2.65m
渡渉水深 1.2m





ヴェルデハ軽戦車シリーズ(スペイン)

トップへ
戻る

セレラ・サハリアノ快速中戦車(イタリア)