家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

世界最小?の防空戦艦


世界最小?の防空戦艦
海防戦艦ペデル・スクラム(デンマーク)

デンマーク海軍ヘルルフ・トローレ級3隻の
最終艦にあたるペデル・スクラム
完成が1番艦より8年後と言う事もあり
むしろ改ヘルルフ・トローレ級とでもいうべき改良を施されて
1909年コペンハーゲンのデンマーク海軍工廠で誕生しました。


海防戦艦ペデル・スクラム

第二次大戦1940年独逸のヴェーザーユーブンク作戦により
デンマークは占領されてしまいます。
独逸の保護占領を認めたデンマークでは政府と軍隊の維持が許されました。
こうした中ペデル・スクラムは初期にはホーセンス、後にホルメンにて
デンマーク沿岸艦隊旗艦の任に着いていました。
しかし1943年8月29日独逸による戒厳令が宣言され
抗議のストライキ、サボタージュが起こり
内閣総辞職、無政府状態に陥ってしまいます。
デンマーク陸軍は独逸軍により武装解除されますが
この事を予期していた海軍司令ヴェーデル中将の命令により
コペンハーゲン港のデンマーク艦隊は
ペデル・スクラム以下ほぼ全艦が自沈して果てました。

しかしながらホルメン海軍基地で着底したペデル・スクラム
独逸軍によってほどなく浮揚され副砲は沿岸要塞の備砲に転用、
自身はアドラーと改名され
独逸海軍の係留練習艦として使用される事となりました。
さらに独逸海軍は本艦を防空艦として改装する計画を練ります。


防空艦アドラー


しかしながらこの計画は頓挫し
1945年4月キール軍港にて今度は連合軍の爆撃によって
2度目の沈没の憂き目に会います。
戦後彼女は生まれ故郷のコペンハーゲンに帰る事が実現しますが
哀しい事にそれはスクラップとなるためでありました。

ヘルルフ
トローレ
オイフェルト
フィッシャー
ペデル
スクラム
アドラー
常備排水量 3505 3650 3735
満載排水量 3650 3700 3785
全長 86.5 86.5 87.4
全幅 15.1 15.4 15.7
喫水 5.0 5.0 5.0
馬力 4400 4500 5400
速力 15.6 15.6 16
航続力 9/2500 9/2500 9/2620
主機/軸数 2/2 2/2 2/2
6 6 6
機関配置 全缶全機 全缶全機 全缶全機
主兵装 240mmL43
×1×2
240mmL43
×1×2
240mmL43
×1×2
なし
副兵装 150mmL43
×1×4
150mmL43
×1×4
150mmL50
×1×4
なし
補助砲 57mmL55
×1×10
57mmL55
×1×10
75mm
×1×10
105mmL60.46
高角砲×1×6
機銃 37mmL38
×8
37mmL38
×8
37mmL38
×2
40mmL56×1×4
20mmL65×2×4
魚雷 450mm×3 450mm×3 450mm×4
舷側装甲 200 190 195
水平甲板 31+26 64 45-65
砲塔前楯 200+15×2 190+15×2 195+15×2
砲塔天蓋 50 50 50
バーベット 175 190 190
副砲砲郭 140 140 140
司令塔 175 190 190


*ここでご紹介した各艦側面図はWarBirds補助艦艇規格の
 自作アイコンを倍に引き伸ばしたものです
Free icon by senkankojiki

幻の海防戦艦

トップへ
戻る

史上最小の航空戦艦?